· 

にっぽんたからものプロジェクト@大山阿夫利神社

なんだか最近、本当に大山と大山にお呼ばれして行ったり来たり。

 

今回は、オオヤマのお話です。

もう、明日っていうか、ほぼ今日なんですがね、

 

こちらに公演で、大好きな大山に関して、お話させていただきやんす。

大山に関しては、今年2月の「おおやま道サミット」でお話させて頂いたご縁もござりますれば。

 

今回、恐れ多くも、はじめて阿夫利神社の能楽殿にあげて頂きやして、

おおやまと大山講についてのお話をさせていただきます。

 

主催はこちらのみなさま。

 

ニッポンたからものプロジェクト

 

ニッポンたからものプロジェクトとは

 

日本は、あらゆる地域が豊かな歴史や文化を湛え、多様性に溢れています。

あたりまえにある人々の営みや伝統が、実はとても魅力に満ちています。

私たちは、その“たからもの” に、まだまだ気づいていないのかもしれません。

 

2020 年にむけて展開する「ニッポンたからものプロジェクト」は、

個性豊かな地域文化「日本遺産」と、日本の多彩な芸能「Live Art」を結び

あたらしい光をあてる特別公演です。

 

 

です。

 

阿夫利神社の目黒権禰宜、一流の演者の皆様の間に分け入って、

 

お話をさせて頂きやす。

 

 

そして、なんと司会は、あの 「さんせい」ことセイン・カミュさん!

(ボビーさんはいらっしゃいません)

 

私はあの「ファニエスト外語学院」のいつもクールな先生にも大変憧れていましたが、

 

なんといっても、セインさんは、あの文豪アルベール・カミュの縁戚なのですね。

 

『シジフォスの神話』や『異邦人』

 

に代表される不条理の文学、哲学は、我が日本武士道とも相通づるものがあります。

 

 

また、この話はまた次回。

 

 

明日、よろしくお願い申し上げます。

 

 

雨降山になりませぬよう~

 

 

YH