· 

【山岳遍路 愛宕山ノ巻】アタゴヤマとパタゴニアが似ている件。

タイトルはあまり気にしないでください。

 

 

しかし上の写真、我ながら神秘的ですね。

はたしてi-phoneで神霊が写せるのか?とは、まったくもって神秘的な命題です。

私は写せるというか、写ることもあるって思っています。

 

 

上の写真は愛宕山山頂、愛宕神社本殿前の階段。

 

 

さて、先々週末に行ってまいりました愛宕山・山岳遍路ツアー。

まずは、愛宕山の位置関係のご紹介です。

 

御所のある京都の北西の位置を守るのが、愛宕山(とその神仏)。

そして、鬼門の北東には、あの比叡山と延暦寺があるのですね。

 

ちなみに、江戸幕府が開かれた際、この構図はお江戸でも再現されることとなります。

上野の東叡山(東の比叡山という意味)寛永寺と、虎ノ門近くの愛宕山神社ですね。

 

江戸の守りとしても、愛宕山と比叡山はセットになって輸入されたのですね。

ちなみに、東京の愛宕山は23区の最高峰(標高27m!)でもあります。

 

愛宕山といえば、落語の演目も有名ですね。

 

江戸時代に野駆け(今でいうハイキング)にでかけた幇間(たいこもち)のお話。

 

そのほか、江戸時代の売れっ子作家・十返舎一九による滑稽本「東海道中膝栗毛」に、

 

「伊勢へ七度(ななたび)熊野へ三度(さんど)

愛宕様(あたごさま)へは月参り」

 

というフレーズが登場します。

伊勢、熊野というメジャー聖地に匹敵するローカル聖地だったのですね。

 

その他、神仏への誓いを表す表現として

 

『愛宕白山に誓って』

 

という言葉もあります。

つまり愛宕山といえば、関西では神仏の代表でもあったわけです。

 

 

では、実際のツアー風景を。

 

 

 

 

…。

 

 

 

 

写真がない。(ことに気づきました)

 

お話に夢中で・・・。

 

 

途中、25丁目の落語に登場する小屋跡のお話とか、

四角友里さんが、抱きしめた杉の木とか(あと数年で御神木になるかもしれません)

 

そんなお話をしながら、登ってまいりました。

 

 

 

ですので、次の写真はいきなり山頂。

登拝番付。
登拝番付。

 

途中、登山道(参道)は前回の台風で倒木だらけ。

 

それでも、古くから残る広葉樹の森は問題なく、

やはり、植林の杉関係の木々の倒木が顕著でしたね。

 

 

山頂には現在、愛宕山神社が祀られていますが、

明治時代以前は、白雲寺というお寺がありました。

 

さらには、この愛宕山、かつては麓の大覚寺の御領でした。

(現在も、愛宕山の例大祭では、お神輿が大覚寺に立ち寄るそうです)

 

大覚寺といえば、南北朝時代の南朝の拠点。

 

弘法大師空海の開基による真言宗のお寺であり、

第91代天皇後宇多の皇統は、後宇多法皇が大覚寺にお住みになられたことにより大覚寺統(南朝)と称されることとなりました。

 

大覚の意味とは実は「アンドロメダ銀河」のことなのですね。

ですから、有名な大覚寺党とは「アンドロメダ党」ということです。

 

かっこいい。。。

 

 

 

下山後はこちら。

 

名物の志んこ。

ねじれたお団子は、九十九折になった愛宕山の山道を表しているとされてます。

白、茶(ニッキ)、緑(抹茶)のフレーバー。

 

 

 

終日、パッとしない天気でしたが、

逆に、霧が神秘的な様相を醸し出し。。。

 

愛宕山の神様は火防の神様ですからね。

ミストは、お出迎えの象徴なのでしょう。

(と、ポジティブにとらえます)

 

 

とはいえ雨には降られず。

本格的な紅葉は、あと一週間というところでしょうか。

 

ご参加ありがとうございました!

 

 

YH