· 

出演情報 bay FM THE FLINTSTONE

千葉県を中心とするベイ・エリアのFM局、bay FM THE FLINTSTONEにて「山岳遍路」に関してお話させていただきました。

 

3年振り・2回目のお招きです。

 

番組でも、お話しましたが千葉県の山、信仰の山といえば、

 

やはり「富山」です。

 

とやま、じゃないっすよ。

トミサン です。

 

 

トミサンのトミは、天富命という神様の名前からきています。

富山。伊予ヶ岳から望む。
富山。伊予ヶ岳から望む。

 

 

天富命は初代天皇の神武天皇の東征に随順し、

橿原宮を造営したことで知られています。

 

古事記、日本書紀には登場しない神様ですが、

先代旧事本紀という少しマニアックな書物に登場します。

 

で、この天富命は、橿原宮造営の後、阿波国(徳島県のあたり)でも治水土木事業を行い、

さらに安房(千葉県のあたり)にむけて旅立ちます。

 

そうです。安房のアワは、阿波のアワからきているのですね。

 

房総半島を旅すると、どこか異国の風を感じるのは私だけでしょうか。

これも、この地を開拓した方が、黒潮にのって四国からやってきた人々だからなのですね。

 

そして、この間の天富命の大活躍は何と言っても

この本に描かれています。

 

荒深道斉著/米林悦子口訳 神武太平記~道臣命在世記~
荒深道斉著/米林悦子口訳 神武太平記~道臣命在世記~

 

この本はスゴイですよ。

本には形式的に、荒深道斉著/米林悦子口訳となっていますが、

 

本当の著者は道臣命という神様なんです。

 

つまり著者は、本物の逆ゴーストライターなんです。

 

え???

 

わかりづらいですか?

 

つまり、著者の荒深道斉師は、ただ神様(道臣命)の言われる通りに、

天から降り下る言霊をキャッチして筆記した

いわゆる自動筆記というやつなんです。

 

521ページの長編ですが、僅か100日でバっーと筆記されたそうです。

 

この話になると、話がそれてしまいますが、

何しろ、当時の同僚(道臣命)が書いた本ですからね。

 

天富命のご活躍がいきいきと描かれています。

 

 

 

安房国一宮 安房神社
安房国一宮 安房神社

 

富山登山とともに、天富命を祀る安房神社にもご参拝ください。

 

海流に洗われたなんとも清々しい神社です。

異国の香りがしますよ。

 

YH